機内食業界も激変! 未来を読み解くキーワードは「サステナビリティ」と「格差」 | フルコース時代が懐かしい? | クーリエ・ジャポン

長時間フライトの味方である座席背面のスクリーンや個人デバイスがない時代、機内食がエンターテインメントの役割を担っていたのだ。食事はフルコースで、客室乗務員が大きなナイフでハムやステーキを切り分けていた。機内で酒と食事を堪能することは、腹を満たす以上の意味を持っていたのだ。

1958年、サンフランシスコ=東京間の日本航空(JAL)便で機内食を提供する客室乗務員たち
Photo: Peter Stackpole / The LIFE Picture Collection / Getty Images

アルミで覆われた小さな四角形の時代

しかし、シャンパンやカナッペが好きなだけ楽しめる黄金時代は永遠には続かなかった。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/180635/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です