仏誌が改めて考察する「結局“サムライ”とは何なのか」 | 映画・小説・漫画から生まれたイメージを超えた実像とは | クーリエ・ジャポン

サムライたちは平和な国における自らの存在意義を問いかけ、作家たちがそれに対する返答を記述する中で、さまざまな「武士道」が生み出されていった。

ワートが述べるように、明治時代になって武士たちが消えてゆくことによって、逆説的に、サムライが「発明」された。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/201773/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です