日本の90年代ミニバンがアメリカで地味に流行りはじめた理由 | ミニマルなダサさとノロさがパンデミック時代のいま古くて新しい | クーリエ・ジャポン

バンは、ある種の心理的な解放感を与えてくれるのかもしれない。運転しやすいし、内部はミニマルで、操作するのに神経を使わずに済む。複雑で高度に設計され、おそろしく高価なスポーツカーとは大違いだ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/201806/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です