爆撃されても車を作り続けたフェラーリとはどんな男だったのか? | 名誉を求めない「生き様」と「モノづくり」 | クーリエ・ジャポン

44年、工場は連合軍の爆撃を受けた。エンツォがフェラーリの名を冠した初めての車を作っている最中のことだった。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/104591/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です