人間を救った「マスク」がイルカの命を奪い、地中海を傷つける | ポイ捨てされる「コロナごみ」 | クーリエ・ジャポン

人間の活動が一時停止し、海は本来の美しさを取り戻したはずだった。それにもかかわらず、家の外に出られるようになった途端、再び人間は海を汚しはじめた。

私たち人間の無責任な行動が、イルカやウミガメを殺し、海をマスクでいっぱいにする──。使い捨てマスクは、完全に分解されるまでに450年かかるとされている。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/202419/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です