経済優先の社会を憂う若き僧侶たち「かつて人々は、もっと豊かで満ち足りた生活を送っていた」 | 仏誌がインタビュー | クーリエ・ジャポン

食事の重視も曹洞宗の特徴です。料理についての教え『典座教訓(てんぞきょうくん)』があります。

道元禅師は、弟子たちが食べ物を尊び、頂いたものを生活に取り入れられるよう、寺のなかで料理を担当する役職(典座)を制定しました。こうした考え方は他には見られないものです。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/202911/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です