カンガルーをめぐるオーストラリアの不都合な真実【後編】 | クーリエ・ジャポン

1880年頃になると、オーストラリア政府は植民地主義的な法律を敷き、カンガルーを害獣として扱い、殺処分した者には報奨金を与えるようになりました。今でこそ国家の紋章にも描かれるカンガルーですが、抹殺される運命をも負っていたのです。これは1932年、オーストラリア軍を派遣し機関銃を浴びせ、絶滅に導いたエミューの事例とそっくりです
— 読み進める courrier.jp/news/archives/138379/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です