僕の両親はロシアの敏腕スパイだった! | クーリエ・ジャポン

諜報活動は、ジェームズ・ボンドのやっているような、危険な大冒険ではありません。あんな風に行動していたら半日も持ちませんよ。
一流の諜報活動とは、“標的”が明日考えうることを察知することであり、昨日何を考えていたかを知ることではないのです。あらゆる極秘情報が保管された“金庫”があたっとしても、明日にはその中身の半分が古くなって使い物にならなくなるのですから
— 読み進める courrier.jp/news/archives/56841/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です