アプリ禁止の可能性も─なぜアメリカはTikTokをこれほど警戒するのか? | クーリエ・ジャポン

「米政府高官はそのアプリがデータを取り、使い、シェアする方法に疑念を持っている」という。

ここで政府関係者が注目しているのが、2017年に中国が制定した国家情報法だ。この法律では、第7条で「個人や企業は政府の情報活動には協力しなければならない」と定め、第14条では「情報機関が国民に協力を要請できる」としている。つまり、TikTokも集めたデータを中国政府に提供せざるを得なくなる、と指摘されているのだ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/205006/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です