企業の“反差別マーケティング”が失敗する理由─BLM運動から見えてきたこと | クーリエ・ジャポン

Black Lives Matter運動について言えば、「グリーン・ウォッシング」(ブランドイメージを良くするために環境に配慮した企業だというイメージを持たせること)になぞらえて「ダイバーシティ・ウォッシング」を指摘する人々もいる。つまり、政治問題を商業目的に回収する試みだというのだ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/206095/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です