ボブ・ディランの頭の中で無数の風が吹く「自分でもなぜそれを書いたのか不思議でならない」 | クーリエ・ジャポン

ゴスペルというのは、グッドニュース(福音)の音楽だが、いまどきグッドニュースなんてないからじゃないかな。今日の世界におけるグッドニュースは、放浪者のようなものだ。ならず者のように見られ、疎まれ、非難される存在だ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/206554/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です