オリエンタルランド「ベンチャー投資」の意外感 | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

舞浜にある2つのテーマパークに依存しない形での新規事業創出も考えるようになったという。

新規事業として想定するテーマは4つある。1つ目は働く人(例えばパークで働くキャスト)のパフォーマンスやエンゲージメントを高めるための人事労務面の新サービス。2つ目はテーマパークとしての遊びを子どもに提供するだけでなく、オンライン教育などの学ぶ機会の提供につながるサービスだ。

残りの2つのテーマは、社会的課題の解決だ。舞浜という土地のデジタル化を進め「スマートシティ」を実現する構想や、フードロス削減、クリーンエネルギー化や暑さ対策などを実現できるサービス展開を考えている。
— 読み進める toyokeizai.net/articles/-/369703

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です