どこまでも高く、遠く─ナイジェリア・ラゴスのバレエ教室から広がる未来 | クーリエ・ジャポン

彼がバレエに魅力を感じたのには、ほかにも理由があった。

ナイジェリアでバレエは一般的ではない、ということだ。アジャラはこう説明する。

「私は違うことがしたかったんです。バレエはここではよく知られていない、というのがすごく気に入りました。ナイジェリアのダンスときたら、一方通行みたいなものです。みんなが同じことをやって、みんな同じ場所で終わるんです」
— 読み進める courrier.jp/news/archives/210667/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です