「病気になっても自分らしく暮らしたい」─フランス“アルツハイマー村”の挑戦 | クーリエ・ジャポン

理性的に思考することができなくなった人たちも、発散すべきエネルギーを抱えているのです。閉ざされた施設では、そういった人々は物を壊したり叩いたり、自分の殻に閉じこもったりしてしまいます。でもここでは、外に出て活動をするように促されるのです
— 読み進める courrier.jp/news/archives/210964/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です