英紙が徹底取材の末にたどり着いた「持続可能な世界をつくるのに必要なこと」 | クーリエ・ジャポン

すべてのバイオプラスチックが海洋で生分解されるわけではない。その大半が分解をうながすために55〜60℃の温度で高湿度の環境下に12週間ほど置かなくてはならない。

そうした産業用コンポスト施設が英国にいくつかあるが、その多くが、バイオプラスチック製コップなどの硬いものについては定期的に受けつけていない。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/185800/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です