動物の“大量溺死”はこうして起こる─「動物たちを乗せた船」の沈没・座礁リスクが高い理由 | クーリエ・ジャポン

家畜輸送船の多くはすでに船としての寿命が近いものか、あるいはぎりぎりのものだ。

ケントは、家畜輸送船の平均的な使用年数は36年と見積もっている。これは世界における商船の平均使用年数である20年よりも、16年長い。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/218586/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です