リーダーシップを身につけるために「20代の頃から意識しておきたいこと」 | クーリエ・ジャポン

三井物産には昭和3年に書かれた「三井物産使用人養成要綱」というものがあって、そのなかで部下の指導について、こんなことが書かれています。

指導、訓練の根本には第一に指導者に人を得るにあり、と。

要するに指導者が立派な人でないと、いい部下は育たないというわけです。それから、厳粛に当社の使命を自覚し、正しき信念を把握してもって、後進の指導にあたれといったことが書かれています。

ほかにも、出世主義や功利主義を捨てなければ部下の指導はできない、部下に自分の思っていることを言いなさい、あるいは意見をどんどん言わせなさいといったことが書かれています。これらは、いま読んでもおそらく違和感をほとんど覚えないだろうと思います。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/184448/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です