【歴史ミステリー】マルコ・ポーロは本当に中国へ行ったのか、そもそも実在したのか? | クーリエ・ジャポン

ポーロはモンゴル軍による南宋の襄陽市攻城に立ち会い、モンゴル軍に包囲攻撃兵器の建造と運用について助言したと主張している。だが、この仕事をしたのはペルシャの技術者だったという他の証拠がある。

そもそも、ポーロが中国に到着する以前に、モンゴル軍の包囲攻撃は終わっていたのだ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/224560/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です