なぜ『花様年華』ほどの映画がもう香港で生まれないのか | クーリエ・ジャポン

『花様年華』の公開から20年以上経つ。政治は激しく展開し、スカイラインには建物がさらに密集し、港は縮小するなど、香港は目まぐるしく変化している。

公開当時、観客は映画を通して過ぎし日々を味わっていた。だが今や、それははるか遠い時代だ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/227281/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です