遺体袋を売り続けて30年、コロナで儲かってしまう業者の苦しい心境 | クーリエ・ジャポン

彼の会社にとってビジネスの「当たり年」となることを意味するのだ──それがどれほどの利益をもたらすか、彼は明らかにしないけれど。

ただ少なくとも、彼は喜んでいない。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/229199/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です