イーサン・ホーク「『いまを生きる』で、僕たちはキーティング先生に感化されていた」 | クーリエ・ジャポン

ロサンゼルスに住まない理由を一つ挙げるとすれば、僕のような俳優には危険な風土だからだ
— 読み進める courrier.jp/news/archives/222026/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です