仏誌が樹海で考察「日本人の自殺率はなぜ高い?」孤独大臣は任命されたが… | クーリエ・ジャポン

長い間、日本は精神科医を拒絶してきた。20世紀初頭まで、医師たちは、自殺者を「精神薄弱」と形容し、うつ病は、「西洋的疾患」であると考えられていた。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/238661/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です