「死後の世界」の証明に巨万の富を注ぎ込む大富豪が“追い求める幻影” | クーリエ・ジャポン

死後に何が起こるかを調べる研究を支援するべく、ひっそりと「ビゲロー意識研究協会」を設立した。

そして、「死後も意識は残る」という証明を求め、1位から3位までそれぞれ賞金50万ドル(約5400万円)、30万ドル(約3200万円)、15万ドル(約1600万円)を贈呈
— 読み進める courrier.jp/news/archives/238941/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です