ポップ音楽を変えた“伝説の楽器”──「なつかしの名曲たち」に響くヤマハのシンセサイザー「DX7」 | クーリエ・ジャポン

1983年にヤマハはDX7を発表。このシンセサイザーとともに、ヤマハは「魔法の薬」を発見したと、シンセサイザーの歴史に詳しいジャーナリストのマーク・ヴェイルは述べる。デジタルFMテクノロジーとヤマハの専門技術を組み合わせることで、小さくて簡単に使える楽器が誕生したのだ。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/239111/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です