東武鉄道の車両、なぜ「魔改造」と呼ばれるのか? | 通勤電車 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

8000系は、かつての同社の通勤車両の代表格である。1963(昭和38)年〜1983(昭和58)年の約20年にわたって製造され、その総車両数は、民鉄では最大の712両という大所帯となった。
— 読み進める toyokeizai.net/articles/-/448440

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です