ブライアン・イーノ「NFTのせいで、アーティストまで資本主義のチンケなクソ野郎になってしまう」 | 彼が懸念する「オートマティシズム」とは | クーリエ・ジャポン

アーティストたちがこうしたツールを使って、世界から数兆ドルを奪い取り、それをもっと生産的で人間的な活動に投じられるのでしょうか。そこは私も関心があります。ただ、怪しい出所のお金を使って、清く正しいことが本当にできるのか。そこの道徳の問題は興味深いですよね。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/278644/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です