「大坂なおみと玉城デニーとハーフの私」NYタイムズ東京支局長が語る | クーリエ・ジャポン

「ハーフ」のアスリートや芸能人が日本の大衆に受け入れられてきた。もっとも彼らの人気の裏には矛盾する「ある感情」が隠れているのだが。

早稲田大学の社会学教授で移民を研究しているグラシア・ファーラー氏は、日本社会の「ハーフ」に対する感情には「羨望と不快感が入り混じっている」と指摘する。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/140483/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です