「肉食」を減らすことが長生きにつながる意外な理由 | クーリエ・ジャポン

特定のタンパク質の摂取を制限することによって、体内の細胞組織が硫化水素(H2S)を作り出すためだ。H2Sは吸い込めば有毒で、腐った卵みたいな臭いがするガスだが、体内では健康を促進する。
— 読み進める courrier.jp/news/archives/233521/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です